HOME リフトアップ外来 > サーマクールCPT&サーマクールアイ
 
多くのたるみ治療の中で、青山エルクリニックのサーマクールが選ばれています。2014 サーマアワード受賞
サーマクールCPT&サーマクールアイ

院長:杉野 宏子

年齢とともに誰にでも現れる “たるみ” サーマクールは最も多く相談を受ける悩みです。

たるみを改善する方法は手術も含めていくつかありますが、やはり皮膚を切ることなく、痛みなく改善したいとのご要望を多くいただいています。

当院の特徴としては上眼瞼のたるみも専門のサーマクール(サーマクールCPTアイ)で治療を行っています。これは高い技術を必要としますので、治療メニューに取り入れている医院さんは少ないようです。
しかし上眼瞼は多くの方々のお悩みでもあり、切らない治療の筆頭として、お顔のサーマクールとご一緒にサーマクール・アイをお勧めしています。

お顔用のサーマクールCPTチップと上眼瞼サーマクールを組み合わせることでよりたるみに効果が期待できるのです。サーマクールは高周波の熱伝導によって皮膚下5mmに熱エネルギー(約50℃)を与え熱変性の作用でコラーゲン活性をひきおこし、たるみを改善する治療。表面はクーリングを施して、たるみの原因部分を選択的に治療します。新型のサーマクールCPTにいたってはほとんど痛みを感じません。

クリニックオリジナル「成長因子付サーマクール(水光注射)」とは…。

表皮の幹細胞によって産生されるシグナルたんぱく質で、皮膚の層を移行して、細胞の活性及び栄養状態を維持する働きがあるアンチエイジングには欠かせない成分です。また細胞の遺伝子の損傷を修復し、皮膚のなめらかさやハリを齎します。

成長因子の活性は加齢とともに衰え、環境や光によっても損傷を受けるので、どのような人でも年齢とともに少なくなります。当然コラーゲン、エラスチンも年齢とともに減数するので、それらを刺激させ活性化させる段階時(たとえばサーマクールやフラクセルなどの治療後すぐに)、成長因子を浸透させることはよりアンチエイジング効果、質・見た目等すべての状態によって有効な方法なのです。
青山エルクリニックでは、特に成長因子の中でも皮膚の若返り、コラーゲン造成効果の安定した成分を採用しています。

せっかくのサーマクール治療の機会、最先端医療の恩恵を安心して受けれますので、ぜひご相談下さい。
成長因子導入については2種類の方法があります。

 ●治療後、直接成長因子を塗布する方法
 ●治療後、水光注射で皮膚を吸引しながら成長因子を導入する方法(オプション)

詳細はこちらもご覧ください。

お勧めは水光注射での成長因子導入です。1ヵ月後以降、継続して成長因子を導入されるとより安定した効果。
サーマクール後、水光注射での治療を続けていただく方にはコースの割引制度があります。

サーマクールはリフトアップ、肌のアンチエイジング、小顔効果など、
一度で多くの効果が得られます。

サーマクールはリフトアップ・引締めの効果以外にも、お顔全体のボリュームダウン(小顔効果)が期待できるほか、皮膚のハリが戻るなど【若返り効果】もある、形成外科専門医が推奨する治療です。

当院では サーマクール、サーマクール・アイいずれも熟練した専門医、サーマクール認定医が施術を担当します。また当院では3次元画像にてのたるみ診断により的確な アドバイスと治療のご相談も承ることができます。多くの方々がサーマクールを定期的に施術されその若さを保っています。

一歩進んだ青山エルクリニックでの美容医療、どうぞお気軽にご相談ください。

サーマクール治療後は…。

1. テノールなどで効果をより安定させよい状態をキープする。
2. 部分的なヒアルロン酸注入でポイントリフトをする。
3. テノール・シェイプで脂肪をおとしつつ、更に引き上げる。
4. PRP水光注射で積極的に細胞の若返りと修復を習慣化していく。

などの追加オプションも選択できます。

  • サーマクールは切らないたるみ治療の中で最も効果が高い治療です。
  • 皮膚の若返り効果にも優れています。
  • 治療は1回で終了、お化粧してお帰りいただけます。
  • サーマクールCPTは痛みはほとんど感じません。
  • 3Dの撮影を受けていただくとさらに的確な診断ができます。

サーマクールのひきしめ作用は縦方向・横方向・奥行きの3次元的に作用して、1ヵ月後からひきあげが進み、およそ半年間ほどかけて段階的に改善します。(治療効果には個人差があります)
治療は1回で終了し、お化粧して帰れますので通常の生活にダメージはありません。
8年前の導入当初は「サーマクールは効果は高いが痛い」という印象がありましたが、CT→NXT→CPTと進化を遂げ、都度サーマクールのクーリング機能も改良されました。

2009年にバージョンアップされた最新のサーマクールCPTシステムはパルス式の熱照射と振動型バイブ機能で痛感を鈍らせているため痛みはほとんど感じません。チップの改良とともにさらに安定したリフト効果をだせるようになっています。
現在では麻酔も行わず、治療時間も短くなり、患者さんの負担や不安が少なくなっています。導入時に「サーマクールは痛い」という感想を持たれた方も新型サーマクールCPTを受けていただければその差に驚かれることでしょう。また、40代以降の方には症状に関係なく、サーマクールを推奨しています。

年齢とともに上眼瞼のたるみを気になさっている方が多くいます。
サーマクール・アイをご相談ください。

上眼瞼は手術が第一選択肢になり、なかなか踏み切れない方も多いのも前述のとおりです。症状が改善されないまま数年経過してしまうことがほとんどかもしれません。

手術は術後の腫れ(ダウンタイム)がありますので、働いている方はなかなかチャンスがありません。
サーマクールCPTアイ(上眼瞼用サーマクール)はこのような方に、腫れもなくすぐに復帰できる施術として注目されている治療です。 ただこのサーマクールCPTアイ、行っているクリニックは非常に少ないようです。

理由としては…
 1. 非常にデリケートな場所であり技術を必要とすること。
 2. 患者さんにとっては金額が高額になること。

などがあげられます。
青山エルクリニックは、患者さん側から手術以外の方法の要望が多く、サーマクールCPTアイにも力をいれています。

またラディエイジ・アイなど、痛みもほぼない治療の開発にも取り組んでいます。
サーマクールCPTアイの効果的な受け方ですが、お顔のサーマクールと複合的に照射を行うことで、上下眼瞼トータルのハリを取り戻すことをご提案しています。

サーマクール治療など「たるみ治療」の診断には非常に有効です。

たるみは年齢とともに、頬からあご周囲にかけて重力と皮膚自体の張力(コラーゲンの減衰)がなくなってくることで現れます。多くの方が若いころの写真と比べフェイスラインに変化が現れるのはこのためです。しかしその下垂の原因は額、目周囲などからも起因していますので、サーマクール治療は顔全体を照射することが基本になります。

青山エルクリニックで導入した3Dカメラは御本人が通常見えにくい頬~下顎周辺までカメラがスクロールするように確認できますので、サーマクール治療など「たるみ治療」の診断には非常に有効です。

医師とたるみの症状を画像を見ながら確認しますので患者様が納得して治療に進むことができます。
当院ではサーマクール治療前には3Dカメラにての撮影を推奨しています。

医師とのカウンセリング後、ご納得していただいた後にサーマクール治療を行います。

サーマクール治療の流れは、貴金属をはずし指定のショット数を顔~首たるみのアンカリングポイントを基点に熟練した専門医が施術します。 通常サーマクールCPT400ショットで40分程度(時間は施術するショット数によって異なります)で終了です。上眼瞼サーマクール(上眼瞼のたるみ防止)をご希望の場合は、さらに専用コンタクトをしていただき施術を行います。

サーマクールCPT治療の様子を動画で見る

サーマクールアイ治療の様子を動画で見る

現在、多くの美容クリニックにてサーマクールが行われています。

まずは患者さん御自身でもホームページなどで予備的な学習をお勧めします。また施術者はだれか、サーマクール専門医が施術するのか、治療経験なども思い切って聞いてみるのもよいかもしれません。
できれば経験豊富な形成外科専門医・皮膚科専門医の施術を推奨します。

青山エルクリニックはサーマクール治療のポリシーとして、導入以来「経験豊富な専門医が施術を行う」ということで一環しています。サーマクールには価格差もあり、看護師が行う医院もあるようですが、やはり解剖学に熟知した医師の施術でなければせっかくのサーマクール治療がただ熱を与えただけということにもなりかねません。

顔にはたるみに影響するアンカリングポイント(支点)があり、脂肪や、骨格によっても「たるみ症状」に個人差がでます。当院では杉野院長を中心に専門医が定期的な研修を行い最も効果が得られるサーマクール照射法について研究を続けています。

また他院ではあまり施術していない、サーマクール・アイについても重点をおき研究しています。上眼瞼は手術が第一選択となる場合も多いのですが、実際は忙しい方、仕事を持っている方、手術が怖いなど手術が受けられない方がほとんどではないでしょうか。サーマクール・アイは手術ほどの劇的な変化はおこりませんが、たるみの進行を予防する、ハリを取り戻す点においては有効な治療です。
同じサーマクールの中でもクリニックによってメニューもいくつかあり内容の表現も様々ですので、ただ安いからといって判断せず、ご自身が充分に納得できるクリニックでの施術をお受けください。

サーマクールを行っているクリニックは多くなりましたが、サーマクール・アイを実施しているクリニックは都内でもそう多く はありません。またCPTアイでの照射は非常に少ないはずです。

もともとサーマクールCPTアイはデリケートなエリアで注意を要し、かつサーマクール認定医であっても施術が難しいため、施術のメニューにしているクリニックは少ないのです。
当院は、サーマクールの専門クリニックとして、サーマクールCPTアイを顔と一緒に受ける患者さんも非常に多く、切らない瞼の治療としては第一選択となっています。

サーマクールCPTアイは2種類。
サーマクールCPTアイ200ショット 上眼瞼のたるみが気になり始めた方、たるみ防止に。
サーマクールCPTアイ100ショット 単独では行わず、顔照射とのセット治療のみになります。

CPTアイはお顔のCPT同様、熱が均一化してはいりパルスも採用しているため痛みが少なくなっています。ただ振動はありません。より効果的な上眼瞼のたるみ治療としてご相談いただけます。

特に上眼瞼のたるみのみ改善希望の方はCPTアイ200ショットが適応ですが、できれば目周囲の皮膚全体に対してサーマクール(顔用)で収縮治療を行い、さらにサーマクール・アイでのデリケートな混合照射ができるからです。

この方法は手術をご希望されない方の目元の施術の第一選択枝となります。頬や法令線周囲のたるみ改善を同時に希望される場合、サーマクールの顔用はできればCPT400ショット以上を選択されることをおすすめします。

上眼瞼のたるみはなぜおこるのでしょうか?

年齢とともに落ち込むまぶた、重く、たるんでくるまぶた。 どうして眼のまわりはこんなに変化するのでしょうか? 若いときは、眼輪筋もしっかりと眼をホールドしています。
しかしながら年齢とともにその筋肉は衰え、眼周辺のコラーゲンも失われ新しい皮膚再生もおこなわれにくくなってきます。 そうなると今まで支えられていた脂肪も下垂しはじめ、まぶたの上下に出現しはじめるのです。

これからの方法 “サーマクールCPTアイ”

しかし、いきなり手術といっても抵抗のある方がほとんでしょう。あるいは将来に向かって、たるみの予防をしたい、という考え方の方もいるかもしれません。アンチエイジングの考え方として、老化をしてから直すという対処的な方法よりも、“たるまないようにケアしていく” という考え方が正しいといえるでしょう。

サーマクールの効果を持ってすれば上眼瞼の脂肪、たるみとりは可能なのではないのか?当初よりその話題は医療関係者でも取り沙汰されており開発が進められていました。サーマクールの目元専用チップの開発により、あてにくい場所であった目元もRFのリフト効果が得られる場所となったのです。

目元は非常に皮膚も薄く、眼球も隣接しているため、従来のしわ治療のレーザーでも照射が不可能エリアとされてきましたが、このチップの開発により、そのルールが取り外されました。さらにCPTアイの開発により効果は安定しています。サーマクール・アイは、目元の悩みをかかえながら、将来の下垂に備えて、早めにケアをしていきたい方に是非おすすめしたいRF治療です。

従来の方法は手術。

特に眼周囲のたるみとりは、手術しか対応策がないエリアでした。
しかし、眼周囲の手術は腫れやダウンタイムが長いことなどから手術適応者であっても、なかなか受け入れやすいものではありません。しかし、効果やその永続性を考えると手術は選択肢の中からはずすことはできないでしょう。 やはり、最も効果の高い方法なのです。

こんな方に “サーマクールCPTアイ” を。

・上まぶたが将来たるんできそうな方。
・すでにたるみ始めてきているが手術はさけたい方。
・いつまでも若々しい目元をキープされたい方。
・顔のたるみが気になるが同時に目周囲のたるみも気になる方。

表皮の下の真皮層。この真皮では皮膚のハリや弾力、張力といった役割を膠原繊維コラー ゲンが担っています。若い時には充分な太さと密度がありますが、加齢や紫外線などの影響によりコラーゲンを生成する線維芽細胞の機能が鈍り再生が行われなくなってきます。
そうなると細胞間の弾力が損なわれ、やがて皮膚にはたるみやしわが生じます。これは誰しもが年齢とともにおこる減少です。

では、たるみを防止してひきあげるためにはどうしたらよいか、サーマクールが着目し効果をあげているのは、失われた、自己コラーゲンの再構築です。

本当に失われてしまったコラーゲンが戻るのでしょうか?
サーマクールはそれを可能にしています。またCPTはその能力が更に高まった治療です。

サーマクール治療はRF波(radio frequency)という単一高周波エネルギー(6MHz)を用いて、以前は難しいとされていた「皮膚深層部への到達(1.5~3mm)」を表皮保護しながら行える技術があります。真皮内ではたんぱく質の瞬間収縮と皮膚深層部の引き締めを50℃近辺で行っています。他社で似たような目的の機種がありますが、このサーメージ社の技術力とは似て非なるものの感があります。

サーマクールを受けると真皮内では何がおきるのでしょう?
皮膚は火傷や傷を負うと、マクロファージが老廃細胞や組織、細菌、異物を取り込み殺菌、浄化の働きを始めます。それを受け線維芽細胞内では修復の主たる材料であるコラーゲンが生成、毛細血管も新鮮な血液を通して栄養を送り、さらなるコラーゲンの新生循環が促されます。
サーマクールを照射するとこのコラーゲンの新生循環が真皮内でおきるのです。ハリや弾力がもどりタイトニングされるのはこの働きのためとされています。

サーマクールはショット数によって顔用と目用(上眼瞼)があります。

痛みに関して極力避けたい方、40代以降のたるみに関してはCPT400ショットを推奨しています。ショット数に関しましては担当医師とご相談してお決めください。

サーマクール〈顔〉 通常料金 キャンペーン料金
+水光注射  
Syto Pro
or
FILORGA
or
BENEV
CPT 400shot 顔から下顎、首周囲まで2~3パス重ねて照射でき且つ痛みも少ない。 380,000 190,000 210,000
CPT 600shot 特にたるみが気になっている方用。(顔+あご下+首) 470,000 280,000 300,000
ウルトラセル RF(より高いエネルギーで痛みの少ないリフトRF) 通常料金 キャンペーン料金
全顔 RFリフト サーマクール 600shot 相当 150,000

全顔 RFリフト(目元付プラン)

サーマクール 600shot 相当+アイ付 210,000

ウルトラセルRFの情報はこちらから

Face & Eye

顔用リフトと上瞼眼リフトが同時にできる、青山エルクリニックオリジナル。

通常料金 キャンペーン料金
+水光注射  
Syto Pro
or
FILORGA
or
BENEV
200 PACK(CPT・アイ200+CPT400・顔) 565,000 300,000 320,000

※お顔600shotプランをご希望の方はお問い合わせ下さい。(平日先着10名様限定の夏ギフトプランがあります。)

サーマクール CPT アイ 通常料金 キャンペーン料金
200shot 顔とセットでも、また上眼瞼のみの単独照射も可能です。 185,000 150,000

※料金は全て税込価格です。

▲ ページのトップへ